2007年03月09日

■#05 RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM(工作編その1)

Hi-nu05.jpg

やっと制作記らしい更新となりました^^;;
一通り簡単なゲート処理は終えているので、工作を進めながら
表面処理を進めていく感じとなります。

まず…
A:頭部のどアップです。なかなかこのカメラ接写に強いです。
  ってカメラレビューじゃないですね^^;;
  これはマスク部分の顎のラインを削りこんでシャープに
  しているのと(模型誌でも紹介されてましたね^^)
  ベロ部分が少し長すぎたので正面の面の広い部分を
  削りこんで若干短くし、ちょっとシャープ過ぎたので
  写真では見づらいですが、ベロの下側に若干C面を加えて
  立体感を強調しています。

  それなりに効果の高い簡単な工作なんでおススメです。

B:これはマスク部分を後ハメするのに透明のパーツの
  挟みこみ(はめ込む箇所)部分をカットし、削り込んだ
  ものになります。これだけでしっかり後ハメできます^^
  しかも削り込むことでマスクが若干奥に入り込み、
  目つきを鋭く出来るようにマスクを上側に入れ込めます。

結構好みな顔つきになってくれました^^
他にはファンネルコンテナの後ハメを行いましたが、
模型誌で紹介されてる通り、青いパーツのピンを飛ばしただけの
簡単工作なので写真は省略。

やりたいことはこんなもんでしょうか…^^;;
あとは精度の低いディテールをどう精度を上げていこうか
悩んでます…(汗)
ラベル:ガンプラ MG Hi-ν
posted by km at 03:21| Comment(37) | TrackBack(3) | RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

■#04 RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM(仮組み編その4)

Hi-nu04.jpg

やっと仮組み終了です^^;;
このパーツの多さはさすがに大型キット!ってところですが
いやいや、素直にカッコイイ…^^

今後の予定としましては、後ハメ加工やら細かいディテアップ
作業になります^^
もちろん大きな工作は施しませんが、素立ちがカッコ良く、
素組みよりはカッコ良くなってくれたらいいですねぇ^^

組むのがこれだけ大掛かりになってしまうと塗装するのに
またバラして、また組むというのが億劫ではありますが
完成した際には一服が旨そうです^^
ラベル:ガンプラ MG Hi-ν
posted by km at 01:12| Comment(1) | TrackBack(0) | RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

■#03 RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM(仮組み編その3)

Hi-nu03.jpg

やっとここまで組み上がりました^^
いや、仮組み編で制作記をつけるのもいかがなものかと思いますが
それだけ更新内容に乏しいサイトなんでご了承下さい^^;;

これでほぼ全体のイメージを掴めました。
ファンネルコンテナ&ファンネル&プロペラントタンクを装着すると
全体的にもっとボリュームが出てくるとは思います。

で、肝心のアウトラインなんですがちょっとしっくりこない。
フロントアーマーが長方形過ぎるのか、どうもウエスト周りに
目がいってしまいます^^;;
もうちょっと詰めても良いのかなとも思いますが、これが短いのも
Hi-νらしさが失われそうです(汗)

あとは決定的に顎が引けないのが痛い!
襟周りのパーツも延長してシャープにしてあげるだけでかなり
イメージは変わりそうです。

とりあえず顔周りを中心に、ちょっと厳ついイメージを出しつつ
バランスを修正した方が良さそうです。

明日はファンネル系を明後日は武器を仕上げて仮組みを
終えたいんですが、6基のファンネルのパチ組みに耐えられるかどうかが
最大の懸念事項だったり…(爆)


ラベル:ガンプラ
posted by km at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

■#02 RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM(仮組み編その2)

Hi-nu02.jpg
ボチボチ上半身〜ウエスト部分まで組み上がりました^^
ファンネルコンテナ、ファンネルはまだ組んでいませんが
何となくですがこのキットのイメージが掴めてきました。

最近のMGは小型化が進んでいるんでしょうかねぇ(汗)
どことなく小ぶりな印象は拭えません。
それは許せるとしても、ちょっと気になるのが各パーツの
モールドの甘さ、エッジのダルさです。

子供を意識したエッジのダルさというものではなく
細かいパーツの精度が非常に低い点が気がかりです。

例えば胸部のダクト部分や、股間のダクトなどディテールに
拘ってるというのは分かるんですが、
どうもシャープさに欠けるんですよねぇ…(^^;;)

ま、全体の印象が良さそうなだけにこういう細かい点が
余計目立つってのはあるとは思いますが。

細かいダクトなどは上手く市販パーツに置き換えた方が
精度としては上がりそうですが、出来る限り素組みで済ませたい
気持ちでいっぱいなんで今日の記事はただの愚痴に
なってしまう可能性は高いかも…(爆)


ラベル:ガンプラ MG
posted by km at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

■#01 RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM(仮組み編)

Hi-nu01.jpg

仮組み開始です。
デカい箱の印象とは裏腹に、ノーマルのニューガンより
一回り小さい印象です^^;

最新キットだけあって塗り分けの必要のないようにパーツ構成も
非常に細かく、独特な形状のパーツをも見事にキット化してる
バンダイさんの技術に改めて脱帽しております^^;;

しかししかし、良い事ずくめとはいかないです…
まずAパーツのシルバーはどことなく歪んでますし、実際パーツを
合わせても少しずれてるようにも感じます(私だけ???)

またパーツ構成が細かく、独特な形状のため非常にデリケート
と言えますが、微妙にかませが悪かったりで、ちょっといただけない
作りの箇所もあるようなないような…。

上半身を組んだ感想としては、そつなくまとまってる印象です。
ニューガンより二周り近く小さくなった顔は、マスク部分が
ちょっと面長な印象ですが、精悍さが漂ってます^^

ボディもかなり小型化されてますが、それに比べると腕周りは
意外に逞しい作りになってますが、肩アーマーは可も不可も無く
って感じでしょうか。

ん〜結局のところ全身を組んで見ないと、全体のバランスは
分からないんですが、唯一つ決定的に物足りない箇所が一つ。

プロペラントタンク!

これはもう小さすぎ^^;;
これだけの出力を誇る期待にも関わらず、このタンクじゃ
物足りないったらありゃしないでしょう(笑)

この箇所は秘密兵器を用意しようと思ってますが、
これまた全身組んで見てのバランスを考慮して決めるとします^^

それにしてもね…仮組みだけでお腹いっぱいになっちゃいそうで
心配でしょうがないですわ…^^;;




ラベル:Hi-ν
posted by km at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | RX-93-ν2 Hi-ν GUNDAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。